障害児(者)地域療育等支援事業
グループホーム&自立生活
豊橋障害者就業・生活支援センター
ファットリア「葦毛の里」
児童発達援助センター岩崎学園
 
事業概要支援内容法人組織沿革年表情報開示苦情解決窓口求人情報アクセス 
 HOME就労生活支援センター岩崎通勤寮
 
   ごあんない
 
 通勤寮は、知的な障害をもつ人たちが就労を通して、大人としての独立した暮らしを目指す支援施設です。
 ここでは、実生活を通じて自分の生活スタイルを確立するために、円滑な対人関係、余暇の活用、健康管理、仲間づくりと支え合い、体験の拡大による生活技能の獲得など、定型化しにくい暮らしの支援と職場で働きつづけられる支援をおこなっています。主に豊橋市を中心とした東三河地方にお住まいの15歳以上の方を対象としています。
   ウィークエンド体験(プライマリーサポート/1泊2日)
 
自立と就労の体験(1)
 
養護学校高等部の生徒さんを中心に、週末を利用して寮生活を体験していただくプログラムです。この時に通勤寮生が働いている職場訪問や、地域で自立生活している人達の家を訪問し、職業人、社会人として近未来の自分自身のイメージ作りをします。
   体験利用(プライマリーサポート/1〜4週間)
 
自立と就労の体験(2)
 
1〜4週間の自立生活と就労体験ができます。就労している寮生と共に生活し、また、一般企業での就労を体験することにより、自立生活のリズムを体験します。このことにより、その後の就労や自立生活の適性が計られます。養護学校高等部の現場実習を組み合わせて利用されることが多いプログラムです。
   基本利用(ベーシックトレーニングサポート/1〜5年)
 
■自立生活、安定就労へ向けてのトレーニング
 
実際に一般企業に就職して、職業人、社会人としての責任と自覚していきます。そして、寮生活においては、基本的な家事、金銭管理、余暇活動等を習得し、自立生活の基本を養っていきます。また、地域住民の一人として、自ら希望する活動に、自らの責任で参加していきます。
   短期利用(ショートトレーニングサポート/3ヶ月)
 
■親から独立した大人の暮らしを目指す
 
豊橋市内に保護者とお住まいで、一般企業に勤めている方を対象にしたプログラムです。ご利用期間は3ヶ月間に限定しています。親から独立した生活を体験して、現状の自らの生活する力を知るとともに、利用者の方も保護者の方も客観的に見つめ合い、ちょっぴり息抜きをしていただくためのプログラムです。
   自活実習(アドバンストトレーニングサポート/6ヶ月〜1年)
 
■自立生活スタイルの選択
 
安定した就労を前提に職員や他の利用者から離れ、自活ハウスまたはアパート、マンション等で、自らが目標とする自立生活のスタイルをシミュレーションしてトレーニングを行います。家事、金銭管理、余暇活動等は一定の範囲内において自らの判断で行い、寮内の利用以上に自主性に重きが置かれます。
   お問い合わせ先
 
就労生活支援センター「岩崎通勤寮」
〒440-0022 豊橋市岩崎町字利兵72-2
Tel:0532-61-2062(代) Fax:0532-63-8788